鬱病薬の種類

うつ病の薬について

うつ病になると、本人だけでなく、家族も大変辛い思いをします。まずは、すぐに誰かに相談して、適切な処置をとることがとても大切です。絶対に治る病気ですから、前向きに治療をするようにしましょう。誰かに相談した後は、一緒に信頼できそうな医師を探してみましょう。医師が処方するうつ病の薬には、さまざまな種類があります。その患者の状況に合わせて薬が選ばれます。

 

うつ病の薬は、抗うつ薬を使いますが、その他に睡眠薬、抗不安薬、気分安定薬等も用いることがあります。まず、このように、うつ病の薬が、神経伝達物質を安定させる働きをする薬ですが、うつ病患者に必ず処方されます。一般的には、SSRIが処方されることが多く、この薬はうつ病になると不足するセロトニンを補う働きがあります。

 

次に必要に応じて、その他に睡眠薬を処方されることもあります。うつ病には、何かと神経を休ませるようにする必要がありますが、不眠を伴った症状がある時は、睡眠薬を使用して、睡眠を十分にとらせるように取り計らいます。抗不安薬は、治療中に不安な気分になったり、イライラが合ったりした場合に用います。気分安定薬は、躁うつ病の症状がある場合に用います。このように、患者の症状に合わせて、薬をその都度処方しながら、気分を改善させて、辛い期間を乗り切るように導きます。


体力系アルバイト

SSRIの抗うつ剤 副作用と離脱症状