うつ病とセロトニンの関係

セロトニンの働きは?

セロトニンとは、ノルアドレナリンやドーパミンと並んで重要な役割を果たす、三大神経伝達物質のひとつです。セロトニンは、ノルアドレナリンやドーパミンの分泌を調整し、心のバランスを整える作用があります。このセロトニンが不足すると精神のバランスが崩れ、興奮して暴力的になったり、反対にうつ病になったりします。反対に、セロトニンの濃度が高まるとセロトニン症候群という、中毒症状が現れます。人間が人間らしく生活するうえで、セロトニンは大きく影響しているのです。

 

セロトニンの活動には、規則正しい生活リズムや運動、日光が大きく影響しています。現代人は、昼夜逆転の生活や過度なコンピュータ操作、運動不足といった現代特有のライフスタイルを送っています。その為、知らず知らずに慢性的なセロトニン不足となり、気がめいる、キレやすくなるといった症状が現れます。ストレスは体内の働きにも影響してきますので、健全な体と精神のためには日常生活にも注意する必要があります。


体力系アルバイト

SSRIの抗うつ剤 副作用と離脱症状